アレンジレシピ

りんごの豆知識

あまったリンゴをおいしくアレンジ

季節になると、大量にいただいてしまうことも少なくないリンゴ。
いくらおいしくても一度に食べられる量には限界があるというものです。
そこで、傷んでしまう前にちょっとアレンジしておいしく食べきってしまいましょう。
お勧めはりんご酢と、コンポートです。
りんご酢は、作っておけばミネラルウォーターや炭酸水で割ってさっぱりしたドリンクにしたり、ドレッシングに使えば、ほのかな甘さと香りでいつもと違った美味しさが楽しめます。
果肉はケーキに入れたり、ヨーグルトやアイスのトッピングとしても使えます。
また、リンゴのアレンジといえばのコンポートも、お砂糖をしっかり入れれば長持ちするので、ジャムの代わりにトーストにのせたり、温めてアイスクリームと一緒に、刻んでヨーグルトや紅茶に合わせたりと、楽しみ方はいろいろです。
他にもさまざまなアレンジがあります。
気に入ったものを見つけて、大量にいただいてしまったリンゴを、おいしく無駄なく食べてみてはいかがでしょうか。

リンゴの皮を可愛くアレンジ

リンゴの皮の変わった剥き方といえば、昔からウサギの形が定番中の定番。
赤いお耳のウサギをお母さんに作ってもらった思い出がある方はきっと多いのではないでしょうか。
しかしいつもウサギでは芸がない!そんな風に思った時にはこんなアレンジをおススメします。
まずは皮付きのままくし形に切り、ハートや星などお好みの抜き型で皮に跡を付けます。
皮を貫通して果肉に数ミリ刺さるよう、抜き型をしっかり押しつけてください。
その後、跡が付いた部分を残して外側の皮をナイフなどで剥けば、白い果肉に赤い模様が浮かび上がる可愛いリンゴが完成します。
次は大人向けのアレンジを。
同じく皮付きのままくし切りにしたリンゴを、断面を下にしてまな板に置きます。
皮の端から5ミリほどのところにナイフを入れ、断面と並行になるように切り込み、反対側からも同じようにして真ん中をくり抜きます。
くり抜いた部分に同じ作業をするのを4~5回繰り返し、全てのパーツを少しずつスライドさせて並べたら完成!ケーキの飾りになるような、大人っぽいアレンジができます。

おすすめWEBサイト 5選


ペンライトのオリジナル品を製作します


Last update:2019/9/5

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.
jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>